004 考えること 前編

や、気がつけばもう8月も下旬。
皆様、残暑お見舞い申し上げます。
暦の上では秋でも、日本はかなり暑いようですね。
日本からいらっしゃるお客様が口を揃えて、「ジャカルタは日本より涼しくて快適だ」とおっしゃるので、
日本の猛暑に思いを馳せる日々です。

書こう書こう、これはネタになりそうだ、と思っていつつもなかなか書けず、こんなに時間が経ってしまいました。
マメに更新なさってる先輩方は、どうやってあんなに面白い記事をたくさん書いてらっしゃるのでしょう……?


今日はですね、最近つくづく自分が勉強不足だなあと感じていることを書きます。(大きすぎるテーマに挑戦です!!)

こちらに来て3カ月強、言葉や習慣、考え方、生活様式、宗教の違いなど、初めは新鮮で仕方なかったことに、
最近少し慣れてきたというか、少しずつ馴染んでこれているように思います。

そして、出発当初ほとんど無いに等しかったインドネシアに関する知識も少しずつ増えてきています。というのも、周りのスタッフたちが毎日色々なことを語ってくれるからです。

インドネシアは300以上の民族からなり、現地語も300種類以上あるといわれています。
民族の数だけ名物料理もあり、民族によってかなり違いがあります。同じ島、同じ地域でも少し場所が変われば文化が異なる(らしい)のです。

私の周りのスタッフたちはみんな、自分の故郷の文化や言葉、習慣、名物などを伝えたくて仕方ないようなのです。
そして、ものすごく知識も豊富で説明も上手です。

上手く英語にできないものも、例をまじえてわかりやすく教えてくれます。
宗教に関しても、例えばムスリムの子が教典コーランをかいつまんで説明してくれたり、宗教行事の説明をしてくれたり。
ヒンドゥー教徒ではないのに、ヒンドゥー教の儀式や建物について解説してくれる子もいます。

毎日お仕事の合間にたくさんお話してもらって、どんどんインドネシアという、多様性を好きになっていきます。
みんな、インドネシアや自分の故郷の宣伝がとても上手なのです!!


ちょっと長くなってしまったので2回に分けようかなと思い始めました。笑
決して、更新してなかったから2記事分稼ごうと思ってるわけではないですよ!!!
あくまで、長くなりそうだから切るだけです。

MA